15 3月 2013

HARAJUKU PRESS

昨日は、新しくローンチする原宿のメディア「HARAJUKU PRESS」PRのため、朝から原宿中を動き回っていました!
天候にこそ恵まれなかったものの、こんな素敵な衣装を身にまとって、気分だけは春を通り越してもはや夏。


≪HARAJUKU PRESSとは≫
日本のポップカルチャーや世界共通語となっている日本語の「KAWAII(カワイイ)」など、
これら文化の発信基地である「原宿」は、地名だけでなく、流行発信のキーワードとして、
国内のみならず世界からも注目を集めています。
そんな世界が注目する街「原宿」の旬なイベントやショップ情報、
街行く人々のファッションをチェックするSNAPなど、
知っておくべき情報を徹底的にご紹介する原宿総合ポータルサイトです。 (HPより引用。)

そんなHARAJUKU PRESSは、新しい原宿のメディアとして、オンラインの他、アプリ(iOS版は近日リリース予定)・MOOK本など、あらゆる媒体で展開予定。

HARAJUKU PRESS MOOK ☞ amazonへのリンク

それにしてもHARAJUKU PRESSのメインキャラクターが故・内藤ルネさんの少女イラストというなんとも素敵チョイスに感無量。
昭和の人気は衰え知らず。こういうの、すごくうれしい。
MOOK本・フリーマガジン共に見やすいレイアウトながらも充実した内容になっているので是非一度ご覧ください。
ちなみにこのMOOK本は世界11か国で発売予定。日本語英語のバイリンガル雑誌です。


昨日の様子、珍しく自分で撮った写真がほとんどないので(笑)、ごめんなさい・拝借します。
主に昨日は原宿各所にフリーマガジンの設置などのお手伝いをしてきました。
ペールトーンのブルーワンピにホットピンクのジャージ、という所謂「歩く広告」ファッション。(笑)。



PRで去年のFashion's Night Outぶりに訪れた原宿の竹下通りは、相も変わらぬ人込みと、この間は見かけなかったお店ばかりが立ち並んでました。
そんな移り変わりのはやさも、若者文化のメッカたる所以だなぁと再確認。なんとも若者らしからぬ表現でかたじけない。
外国人もたくさんいました。ただニコニコ歩いてて、おもしろいのかなー…(おもしろいんだろうなぁ)。。


そんな一日。
バイタリティの高い&可愛いメンバーに囲まれて、とても刺激的な一日でした!
このご縁がこれから先、もっと発展したものにしていきたいと思う今日この頃です。



(photo by saaya)

にしても、就活生・大学生・フォトグラファー兼アートデザイナー・コラムニスト・ブロガー・HARAJUKU journalist…どこへ向かうねん、自分。
もはや萌さんが学生時代に名乗ってた「fabulous planner」っていう肩書、襲名したい。。

でもいまはやっぱりカメラのグリップを握ってシャッターを押す瞬間が一番幸せ。
カメラの話はまた今度書こう、昨日はろくにカメラ構えてないから(笑)。

兎にも角にも、一つの場所にとどまらずにクロスメディアに動き回るためにはまだまだ何も足りちゃいないのです。
猫なんてかぶってる暇はないのよ、わたし!!!

posted by Midori

0 件のコメント: