29 12月 2012

Ready to say hi.

お姉ちゃんと母が桑田さんのコンサートへ行ってしまい、一人居間でユーミンを聴きながら。
青春のリグレットがぐるんぐるん流れ続ける、そんな年の瀬。


年始まで確実に毎年姿を見せていてくれる我が家のクリスマスツリー。
お雛様だと完全にアウトですが、そこはサンタさんのご愛嬌。是非いつまでも日の目を見ていてください。
そんなクリスマスツリーの横にスンッと立っていました、一輪の薔薇。(写真)
ピンクのバラの花詞は、「感謝」「しとやかさ」なんだって。

今年は本当にいろいろなことがあったなぁ。あっという間だった!
前半は記憶にないような精神的忙しさで、後半は直近のこと過ぎて言葉にするのは少し時間がかかりそう。

ただ、一言で言うなら種蒔きの年でした。
文字と写真以外の表現がしたくって衣装とメイクに奔走して信頼関係について学んだし、
海外の学生と接点が欲しくなって日本ツアーに関わって言語を超えた何か特別な感情を知ったし、
これから先の働き方について知りたくなって始めたインターンで忘れていた感覚を思い出した。

成人して、何か自分をおさえつけてたものからスポンっ!と飛び出せたような、
ここ5、6年のもやもやっとした雲が晴れ始めてやっと楽に呼吸が出来るような。
いままでついてた重しがとれてふわっと浮かび上がれたみたいで、生きやすかった

成人したてのノリで幼馴染とカラオケオールをした日もあったし、
本郷のカレー食べながら夜中まで人の卒業制作してた日もあったし、
怒り心頭をアンパンでおさえた挙句人前で泣きじゃくった日もあったし、
朝までミシンの音と過ごした日もあったし、
誕生日返上でコラージュ制作した日もあったし、
初対面の人の結婚式でちゃっかし景品を貰ってしまった日もあったし、
ポルシェの助手席からザギンの夜を見た日もあったし、
駅からの帰り道、涙まみれで電柱にぶつかった日もあった。(笑)。

夜な夜な語り合ってネットのありがたみを感じたり、
バイバイっていった時にきっつくハグしてくれたり、
連日の寝不足でもはや楽しくなって来たり、
見慣れてた東京の景色がなんだか違って見えたり、
会いたかった人を目の前に伝えたかったことを伝えられたり、
その勢いのあまり「ミサイル」と命名されたり、
セレンディピティに賛同してくれる大事なメンターが増えたり。

でも、
蒔いてきた種がいちばん分かり易く芽生えてくれたのは、やっぱりココ、ブログでした。
毎日の何気ない挨拶に交じっての「ブログ読んだよ」。
更新した直後に送られてきた感想のメール。
会いたい!と言ってくれたことがきっかけのはじめまして。
申し訳ないくらいに月並みですが、ありがとうございます
言葉に発してもらうこと、文字で伝えてもらうっていうシンプルなことが、
ここまで嬉しいって思えたのは小学生以来でした。 久しぶりだぜ、10歳だったわたし。

新成人、大学3年生、MPer、Blancarte共同代表、Blogger、コラムニスト……、
つけられるだけの肩書きと、つけられるだけのレッテルとを貼られて走ったこの1年を振り返って分かったのは、ものすごくシンプルなことでした。

私たちは日々いろいろな仮面を被り分けて、いつも何かを求めて演じてるかもしれない。
でも、何者になろうとも、大切なのは結局なったその先で何をするのかに意識を集中させること。
そういった意味で私たちは「きっと何者にもなれない」し、何者にならなくてもいいんだと思う。

自分が何者かなんて“自分探し”は短い人生リミットの〆切には間に合わないと思うけど、
その代わりに、何が心地いいかは分かってきた気がする。

自分のなかの感情たちはみんなデコボコで、統率なんてとれなくっても、それでも前にススム。
こりゃ、もはや歩く歩道!
でも、「たくさんのわたしを連れて」いくんだって思ったらなんだかちょっと愉快でおもしろい。



どんなにピカピカしてる人でも、お偉いとされてる人も、“人は人”だって。
私がすべきことは物事をハカルことじゃなくって、択ぶことだって。
私ができることは物事に良し悪しいうことじゃなくって、知っていくことだって。
どれもこれも、そんなこんな、当たり前のこと。
難しくもなんともない命題を、身を以て知ることでやっと自分の言葉で言ってみる。書いてみる。

こんなに紆余曲折しておいて実のところ、導き出した言葉に逢いたかったというよりも、
もしかしたら私はただその過程を知りたかっただけなのかな、と少し感じます。
ここ数年間で、もやっと立てた仮定をひとつひとつ「証明」してきたような、感じ。
だから、たぶんそろそろ証明終了。 かっこよくいうと、Q.E.D.です。

そこから“蒔き”散らした種たちが、どう芽を出していくんだろう? これからの起点はきっと此処。


明日、大好きな坂本真綾さんのライブに参戦してきます。
たぶん、今年最後の大イベント。 半年間、待ちに待ってた至福の時間ですぞ。
今年感じた感情全部洗って流して笑って泣いて、また明日を迎えられる準備をしよう。

posted by Midori

0 件のコメント: