05 3月 2012

JRh has finished, which means Rh comes.

どこか言葉がよそよそしくってやんなっちゃうけど。書き殴っちゃったからまとまってないね。


バレンタインで頭がパンクしていた日の週末にスタートしたことを思えば、はるか昔のことのように感じるけど、ナニゴトも終わってしまえばあっという間に感じるのはいつものこと。

今日、JRhが終わってしまいました。
初めてのことをたくさん教えてもらって、気づかせてもらって、発見して、笑って、叫んで、歌った2週間でした。そこでであった様々な"初めてのこと"に向き合って、悩んで、自分なりに消化した2週間でした。この終わりを、「楽しかった」とか「悲しかった」っていう感情だけでは片づけるのはちょっともったいない。楽しいけど耐えられなかった、停まってしまいそうだけど今にも見切り発車してしまいそう、悲しかったけど嬉しかった。正反対の気持ちがたくさんぶつかって一言でなんか表せられないです。
たくさんの気持ちで満員の車内は蒸し暑くて気が遠くなるのに、外にはじき出されると妙に寒くて一瞬気が滅入る。ぜんぶまとめて抱えていたいけど、ちょっと気を抜いたら容赦なくどこかへ消えちゃいそう。

この2週間が終わって、3週間前の私に、できるならもうちょっと昔の私にも言ってあげたい言葉がいっぱい。変わっていくことは自然なことだとしても「おしっ、変わろう!」と思って変わる必要はどこにもないんだよって。だってもうすでに自分たちはダイアモンドだから。この2週間でいちばん心に残ってる言葉のひとつです。変わりたい、変わらなきゃ、といつもどこでもそんな強迫観念に襲われていた私にはとても救われた言葉でした。この2週間が今後の自分に何らかの変化をもたらすのは、明日なのか明後日なのか1か月後なのか1年後なのかはっきりとなんてきっとわからないけれど、それでも少しずつ変化していく自分に自分で気づいてあげたい。

土曜日から始まったArtie's dreamで感じたことは、「自分が何をしたいのか」よりも「自分には何ができるのか」っていうことを重視すべきだ、てこと。ノマドワーカーとして活躍されてる尊敬する人のことばです。これをやりたい!って大声だしてダダこねるのはもう終わり。周りを見て、自分にできることをやる。んでもって、スマートにできればなお、よし。それを踏まえて、改めて私はバックステージにいる時がいちばん生き生きしてる。だって、今日他人のスタイリングしているときがいちばん楽しかったの!だってみんなどんどん素敵になっていくんだもん!

みんなで舞台に向けていろいろな勉強をしていたはずなのに、めぐりめぐって自分と向き合ってた2週間でした。他者との摩擦の中で「自分」が出来上がっていくね、本当に。
といっても、当の私は財布を忘れてSecchanに新宿まで届けてもらったり、3日間風邪で休んだり、財布もってるのに財布がないとか慌てだしたり、限界知らずにお酒飲んだり、アドレス間違えてメール送りそこなったり、なんとも中学生に思われたり、ろくなことが挙がらないけど(笑) でも気づいたらいつものポジションと全然違う場所に自分がいました。甘ちゃんで乖離ちゃんで、気張ったところがない代わりにお姉さんらしさなんてどこにもない。これも新しい私の一面なのかもしれないね。もっともっと見つけられるといいな。
私もっとやさしい人になりたい。いつも笑顔でむかえてあげられるようになりたい。


これまで見ないふりしてきたいろんな気持ちと一緒に、明日からのRhに行こうと思います。
きちんと向き合うためにも、もっとMPerと仲良くなりたい。もっともっと距離感ちぢめたいです。

posted by Midori

2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

コメントしたつもりが消えてたよー。おなじくthink too muchのみどりらしい文章だね。2週間おつかれさま。早かったけど長かったね。明日から今までみたいに全メンバー一緒に何かするってことは少なくなるね。でも、飲みすぎたいときは誘ってくれればいいし、こっちも16歳が恋しくなったら誘うよ。やりたいことよりもできることを。って大事だよね。背伸びしなくなるもんね。でも、やりたいことも大事にしたくない?そのための努力だし、意地になってでもやってやりたいやん。って自分に言い聞かせてるみたい。笑 でもみどりのなかでスタイリングがやりたいことになっていってるのかもね。なんか語ってもうた。いろいろありがとう。これからもよろしくね!

匿名 さんのコメント...

ブログへのコメントが板についてきた。
この時のコメントいけてない?さわやかな男子大学生って感じじゃない?熱さも兼ね備えた素敵学生って感じじゃない?一年たつって面白い。もう一年たったらもっと面白いかもね。