04 2月 2012

Yayoi Kusama Eternity of Eternal Eternity in Osaka

ズバリ、大阪に行ってきました!(決めたの二日前!)

三日前に突然ぽっかり空いた一日を満喫しようと思い、思い切って大阪まで。

最西端が京都という私にとってもちろん大阪ははじめて。一人旅なんてほぼ初めてです。

そんな初めて尽くしの今回の旅。目的は二つ。

ひとつめは、どうしても草間彌生の「私の永遠の永遠の永遠」をみておきたかったから。

もちろん、着ていく服は全身水玉!レベッカテイラーのセットアップ。草間さんといえば、あの水玉だもん!















(「チューリップに愛をこめて、永遠に祈る」)

図録にて建畠哲氏が「みんなのアヴァンギャルド」と表現していたことが彼女の作品のすべてを物語っているように思う。大衆にまで受け入れられてしまう彼女のアートすべてが、彼女にとってはアウラで埋め尽くすための孤独な闘い。

私は、ポストカードと「果てしない人間の一生」が描かれたツバメノートを買いました。
いつか大切な言葉を届けるために、書き留めておくために、いつかきっと出てきてくれると思う。


そして目的のふたつめというのは、かれこれ6年あっていないカナダ時代の友達に会うため。

二日前に大阪行きを決め、連絡したのは決行前夜だったというのに、予定を空けてくれたあやのに感謝。ありがとう。

当時中学3年生と2年生だったわたしたちももう大学2年生と1年生。時の流れに驚愕しながらも近況報告や当時の思い出に立ち返り、6年の空白なんてあっという間に埋まってくのが心地よかった。

関係って時間じゃない。会いたいと思った時に、会えると思った時に会わないと取り返しのつかないことになってしまうのが怖いから。きっと時間なんかに私たちっておびえてちゃいけないのかもね。
とにもかくにも、彼女のおかげで大阪も迷うことなく、キャッチにつかまることなく(向こうのキャッチのお兄さんってものすごい粘り強い!)、短い時間も最大限満喫できました。

カナダは私の原点といってもいいくらい、ベースになっている思い出です。
とてもたいせつな思い出にまた一つ、思い出ができた。本当に素敵な一日をありがとう。

新しい環境へ飛び込む前に一回、自分を解放してあげられたからきっと大丈夫。
いろんなところで、いろんなものを吸収していこう。

そんなことを考えながら、帰りの新幹線、カットされていない恵方巻きにかぶりつく私でしたっ!
今年も健康第一に!

posted by Midori



0 件のコメント: