14 12月 2011

The Polar Express

なぜかラストシーンだけを何回も観ているこの映画。映画のタイトルを知らないころから観ています
ということで、今日も縁あって観ました、「THE POLAR EXPRESS」。
サンタの存在を疑った少年に訪れたまるで夢のような、一夜限りの北極行きの列車旅行。
世界的に有名なクリスマス絵本「ポーラー・エクスプレス」を映像化したフルCGアニメです。

一難去ったらまた一難。わくわくハラハラな、テンポの良い北極への列車旅行。ちょっとリアルすぎる登場人物のCG具合。
プレゼントを用意するたっくさんのちびサンタ、信じることがなによりもたいせつだと教えてくれたサンタクロース。
ぜんぶがぜんぶ、クリスマスに必要なわくわく。ちいさいころに感じていたクリスマスへの期待。
どうしようもない高揚感。指折り数えていたころのクリスマスへの期待感。
数日前から「いい子にしなきゃ!」とあわててベッドへもぐったあの頃…。
クリスマス、というワードのすべてのインプレッションが含まれた素敵な映画です。さすが絵本の世界♥

ただ、手放しに喜べないいまの自分がいるのも否めないわけで…。
大人になれば、聴こえなくなるもの、見えなくなってしまうもの。
信じたい、と思い続けていても誰もがきっとどこかしら大人になってしまう…。
ラストシーンからはそんな虚しさも感じずにはいられませんでした。
ただ、子供のころに感じたもう感じられない摩訶不思議な思い出は忘れないように、私はしていきたい。
いつまでもきっとたのしかった子供のころの感覚は忘れられないでしょ?

そうそう、この映画、Tom Hanksが総指揮官でしかも一人5役で出演しているんだって。
(誰役かなんてクレジット見ないとわからんわ!)

むろんクリスマスの曲がたくさん流れるので、きっと心なしかわくわくすること間違いないと思います!

クリスマスといえば、私の家のクリスマスツリーも今年はキャスト総出演でカオス状態。
ハジメマシテのオーナメントもたくさんで、にぎやかなクリスマスになりそうです。













0 件のコメント: