29 8月 2011

Thoughts vol.2




昨日友達のAnnaからひさしぶりにメールが届いた
Annaは私がEC Londonで出会ったヘビメタLOVEな、大切な友達。
10代最後の日にわざわざ連絡をくれたのか否か不明なところだけど、それでもすごく嬉しい。

20年前の今日、1991.8.29に生まれました。
人生でたぶん一番古い記憶は、平和台SSの一番右のレーンで泳いだあの感覚。3歳。
水が太陽に照らされて宝石みたいにキラキラしてて、「好きだ!」って思ったのは今でもはっきり覚えてる
あとは幼馴染がきていたお腹のところにクマの絵が描いてある紺の水着(笑)

基本的に誕生日もいつ通り過ごしています。
だって自分にとってスペシャルな日だとしても、誰かにとっては365日のうちの1日。
自分にとっての日常も、誰かにとってはスペシャルな日かもしれないけれど。
とにかく、毎年自分の誕生日に祝うんじゃなくて、その週末に家族でケーキを食べます。
それに、なんだか正直自分の誕生日は母の日よりも母の日らしい一日なような気がします。

こうやって改めていろいろ考えるといろんな人の笑った顔がすぐ思い出せます。
幼稚園以前のころから出会ってきた幼馴染、幼稚園、平和台SS、ピアノ、小学校、中高、SFU、isc、大学、映画祭、説明会、EC London、サークル……。
本当にいろんな場所に行かせてもらって、手のかかる娘だなぁと我ながら思いますが…。
でも、すごい幸せです。

そうそう、ありがたいことに、「プレゼント、何がほしい?」ってきかれてるんですが、
ぶっちゃけ、まだ誰にも返答できていません。。。
モノ、というよりほしいものは場所だったりもっと物騒なものなもので……
普段使う日焼け止めでも嬉しいし、メッセージだけでも嬉しい。
なんでも嬉しいわけです(笑)


坂本真綾/マジックナンバー(2009.11.11)
20歳になって最初に聴いた一曲。
坂本真綾、20代最後のシングル。
不思議な巡り合わせみたいな曲です。

「めいいっぱい傷ついて せいいっぱい走って
何十回転んで 泣いて それでもまだ
あきれるくらい 明日を信じてる」
この曲を聴くたびに新しいステージに行こう!という勇気がわいてきます。

ちなみに歌手・坂本真綾さまの曲を初めてきいたのはCCさくらのOP曲「プラチナ」。
当時小学生でしたが、さくらちゃんが終わって曲を耳にする機会がなくなっても7年近く記憶に残っていた曲です。
そんな真綾さま、「プラチナ」発売当時は今の私と同じくらいの歳だったと記憶しております。

P.S. いろんな人にありがとうって言いたいです。
FBをはじめ本当にいろんな友達から「おめでとう!」と言われすごく幸せです。
持つべきものは友、しみじみ感じた一日でした。ありがとうございます。
「ありがとう/父に、ありがとう/母に、さようなら/そして、全ての子供達(チルドレン)に、おめでとう」
↑なんだか急にいいたくなった(笑)

0 件のコメント: